ファミリーマートのフランチャイズによる、本部のサポート体制とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一般的にフランャイズ本部は加盟者に対して、開業前、開業後にさまざまなサポートを行っています。ファミリーマートのフランチャイズの場合、どのようなサポートを行っているのでしょうか。

1.加盟店とフランチャイズ本部の関係強化

ファミリーマートは、加盟店に対するサポートを充実させています。

1-1.スタッフ育成

スタッフを育てる仕組みとして、「ストアスタッフトータルシステム(SST)」があります。この制度は資格制度を導入することで、ストアスタッフを段階的・効率的に育成する、独自の育成システムです。
これにより、「ホスピタリティ溢れる売場の実現」、「ストアスタッフの参画意識を強化」、「店長は経営に専念することができる」という流れを作り出すことができます。

また、店舗での作業手順からスタッフのトレーニングや店舗経営、マネジメントまでまとめられた「体系化されたマニュアル」があります。

1-2.スーパーバイザー

スーパーバイザーは、定期的に店舗を訪問し、市場調査から経営プランの検討、商品導入の提案、カウンセリングまで加盟店をサポートする相談役です。
また、加盟店の意見を本部へ届け、それを活かした本部の戦略などを伝える役目を果たしています。

1-3.その他のサポート

その他にも下記サポート体制があります。

・スタッフ採用サポート・・・オーナーの求人活動を支える求人Webサイト「ファミJOB」で、スタッフの採用をサポートしています。

・会計サポート・・・会計書作成や支払代行など、加盟店の会計業務を手伝います。

その他には、加盟店共済保険制度、スタッフアワードなどがあります。

2.複数店奨励金制度

ファミリーマートは経営拡大し、複数店舗展開する加盟店を支援する制度を設けています。

2-1.1FC複数店奨励金制度

1FC複数店奨励金制度は、1FC契約の店舗を複数店経営する方に、営業総利益の1~10パーセントを販売奨励金として支払うという制度です。

対象となる加盟の契約タイプは3つあり、1FC-A、1FC-B、1FC-Cとなっています。1FC-A・1FC-Bはオーナーが土地・建物を用意するタイプ、1FC-Cはファミリーマートが土地・建物を用意するタイプです。奨励金料率は、1FC-A、FC-Bと1FC-Cとで異なります。

2-2.2FC複数店経営制度

2FC複数店経営制度は、本部が用意する2FC-N店舗で複数店経営ができる制度です。少ない投資で複数店経営が可能です。
1店舗目は加盟金あり、本部フィーが6年目以降の減額となっています。
2店舗目以降は加盟金なし、本部フィーは2年目以降の減額となり、店舗を増やしやすくなっています。

2-3.2FC-Nステップアップ制度

2FC-Nステップアップ制度は、2FC-Nの加盟店が開店日から満5年経過した時に、1FC-Bまたは、1FC-Cにステップアップすることができる制度です。初期費用を抑えて独立し、これらの制度を利用して複数店オーナーになることもできます。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2019年6月5日

SNSで共有する