教えて!ファミリーマートのフランチャイズに加盟するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現在、コンビニの店舗数は全国的に増えていますが、ファミリーマートも例外ではありません。2016年9月30日時点での国内のファミリーマートの店舗数は1万8千店舗を超えています。(コーポレートサイト参照)
今回は、ファミリーマートのフランチャイズに加盟する際の条件や契約の内容をご紹介します。

1.フランチャイズに加盟するための条件や契約内容について

フランチャイズに加盟するにはフランチャイズ本部の定めた条件を満たし、契約を交わす必要があります。ここでは、ファミリーマートのフランチャイズに加盟するにあたり、満たすべき条件や契約内容について詳しくご紹介します。

1-1.年齢について
ファミリーマートのフランチャイズに加盟する条件として、年齢制限が設けられています。ファミリーマートが土地・建物、内装設備工事費用を負担する2FC-N契約では、20歳以上70歳以下の方を加盟の対象としています。一方、オーナーが土地・建物を用意する1FC契約の場合は特に年齢制限はありません。

1-2.専任の従事者について

一般的に、コンビニフランチャイズに加盟する際、店舗に専任の従事者がいなければなりません。また、加盟者の要件も設けられています。契約タイプ別で見てみると下記となります。

・1FC-A、1FC-B契約の場合
ファミリーマート運営のための土地・建物を用意できる方
健康、勤勉で熱意のある方
ご家族の同意と協力が得られる方

・1FC-C契約の場合
健康、勤勉で熱意のある方
ご家族の同意と協力が得られる方
2名で専業できる方
開業資金のうち、1,000万円程度を手元資金としてご用意できる方

・2FC-N契約の場合
健康、勤勉で熱意のある方
ご家族の同意と協力が得られる方
同居夫婦、又は同居する三親等以内の親族2名で専業できる方
20歳以上70歳以下の方
開業資金400万円程度を手元資金としてご用意できる方

1-3.フランチャイズの契約期間

フランチャイズに加盟する場合、一般的に契約期間が設けられています。ファミリーマートのフランチャイズ契約期間は開店から10年間です。ただし、2FC-Nで61歳以上の場合、「シニア加盟制度」が適用されます。この場合、通常は10年間の契約期間が5年間に、運営可能期間は75歳までとなります。

1-4.タイプ別のロイヤリティ(本部フィー)

フランチャイズに加盟して店舗を出す場合、店舗の看板や土地や建物、経営ノウハウを活用できる代わりに、その対価をフランチャイズ本部に支払います。一般的にはこの対価をロイヤリティと言いますが、ファミリーマートの場合は「本部フィー」と言われます。この「本部フィー」は契約タイプと営業利益により異なります。
ここでは、契約タイプ別の「本部フィー」をご紹介します。

・1FC-A契約の場合
営業総利益の36~49%

・1FC-B契約の場合
営業総利益の39~52%

・1FC-C契約の場合
営業総利益のうち300万円以下の部分…59%
営業総利益のうち300万1円を超え、450万円以下の部分…52%
営業総利益のうち450万1円を超える部分…49%

・2FC-N契約の場合
営業総利益のうち300万円以下の部分…59%
営業総利益のうち300万1円を超え、550万円以下の部分…63%
営業総利益のうち550万1円を超える部分…69%
※開店日から6年目以降、本部フィーが軽減される制度があります。

以上が、ファミリーマートの契約タイプ別の「本部フィー」となります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する