コンビニオーナーになりたい!資格や条件などはあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コンビニのオーナーになりたいと思った方は「コンビニオーナーになるための資格・条件はあるのか?」「コンビニオーナーになるための手順は?」という点が気になると思います。この記事ではコンビニオーナーなるために必要な資格や条件、その道のりに関する情報をご紹介します。


1.コンビニオーナーになるには

コンビニのオーナーになるにはどのような資格や条件が必要なのでしょうか。またオープンするまでの手順や期間などはどの程度なのでしょうか。ここではコンビニオーナーになるための基本的な情報をご紹介します。

1-1.コンビニオーナーになるため資格

コンビニオーナーになる際、資格は必要ありません。コンビニフランチャイズでオーナーになる場合、各コンビニチェーンによって研修制度があるので未経験から始められます。

1-2.コンビニオーナーになるための条件

各コンビニチェーンによって条件は異なります。年齢や従業員についてなどの項目がありますが、コンビニ各社、また加盟プランごとに項目も内容も異なるので下記の記事をご覧ください。

1-3.オーナーになるには土地は必要か

コンビニオーナーとして気になるのは出店する土地が必要かどうかですが、結論からいうと「なくても開業は可能」です。コンビニ本部が土地と建物を用意してくれるプランを選択すれば土地や建物がなくても開業ができます。コンビニチェーンによって異なりますが、土地があったほうが基本的にはロイヤリティが低い場合や、加盟条件が軽くなる場合があります。

2.コンビニオーナーになるまでの手順

コンビニオーナーになる手順は、コンビニフランチャイズを知るために資料請求をした後、説明会への参加から始まります。

1.コンビニフランチャイズの説明会へ参加

コンビニのオーナーとして開業するには不安な点や確認したい点がたくさんあると思います。説明会では事業の強みやオープンまでの詳細、収入や制度などオーナーになるために重要な情報を得ることができます。資料だけではなくしっかりと不安な点を解消して成功確率UPや開業後のイメージをつけましょう。

▼コンビニフランチャイズの説明会に申し込む▼
https://www.fc-hikaku.net/seminars

2.相談、面談、フランチャイズシステムについて説明を聞く

説明会で開業への意思が強くなったところで、説明会で聞ききれなかったことや個人的な不安点などを個別に相談することができます。また、本部によってはオーナーと直接話をさせてくれることもあるので、希望があれば申し出てみましょう。

3.フランチャイズ契約を締結

フランチャイズ契約を締結します。契約後にトラブルにならないよう契約内容を理解し、最終確認を行います。

4.研修を受ける

未経験の方でも安心してオーナーになれるように基本的には研修制度が設けられています。コンビニチェーンによって内容や期間は様々ですが約1ヶ月程度になります。

5.お店をオープン

ここまでの流れを経て、ようやく念願のオープンです。大変なような気がしてしまうかもしれませんが、コンビニオーナーになり開業をする上ではしっかりと準備をして取りかかることが重要です。

上記のような流れとなります。
約2~3ヶ月開業前の準備を行って、オープンまでの研修が約1ヶ月程度と言われています。
3.1人で開業できるのか?
基本的には、コンビニ経営では店舗専従者を2名設けることが条件になっていることが多く、夫婦や親族で開業することが一般的です。

しかし、最近ではコンビニ各社が1人でも開業出来る加盟プランを提供しています。
例えば、ローソンではローソンキャリア独立制度という制度があり、契約社員として入社した後、毎月25万円の給料と年2回の賞与を貰いながら、店舗運営を学び店長候補者研修に合格すると1人でも独立開業することができます。詳細についてはローソンFC加盟店募集サイトにてご確認ください

▼1人で独立できる!月給25万円をもらいながら、加盟店オーナーへステップアップ!
ローソンキャリア独立制度の詳細はこちら

コンビニチェーンによって制度の内容は様々ですので、説明会や資料請求で比べて自分にあったコンビニを選びましょう。

4.コンビニのオーナーの仕事内容とは

仕事内容を事前に把握しておくことで加盟後の働き方をより強くイメージ出来ると思います。オーナーの仕事内容に対する適正があればそれが成功率アップに繋がります。ここではコンビニオーナーとしての主な仕事内容をご紹介します。

接客

コンビニは接客業なので接客は重要です。オーナーの接客方針がスタッフへ大きな影響を与えます。お客様のことを第一に考えた接客を心がけなくてはいけません。

発注

現状の商品の売れゆきや在庫を考え適切な発注をします。季節や地域性などによって売れ筋が違うってくるので、全体を把握していなくてはいけない業務です。

商品管理・売場管理

発注した商品を管理する業務もオーナーの仕事内容です。食品であれば賞味期限の管理や店内が清潔であることも重要です。

売上・経営管理

オーナーの醍醐味と言っていいかもしれないほど重要な「売上と経営の管理」。販売データや経費などをみて、今後の経営方針をつくります。

教育

オーナーが24時間コンビニを1人で運営するわけにはいきません。、もちろんスタッフを雇います。オーナーの理想の店舗を作るためにはスタッフに経営方針を元に教育して良いサービスを提供する必要があります。

上記のようなオーナーの仕事内容は本部がサポートしてくれるので、本部とのコミュニケーションも欠かせません。フランチャイズでの開業の大きなメリットなのでフル活用して業務の質と効率をアップさせることが成功の秘訣です。

コンビニオーナーになりたいならまずは説明会に!

この記事では紹介しきれない細かい内容などはコンビニ本部の開催する説明会に参加しましょう。徹底したサポート体制が整えられているのでコンビニオーナーになるまで丁寧な説明を受けることができます。個人的な不安要素や経営についても知ることができるので説明会に足を運んでみることをおすすめします。

コンビニフランチャイズ説明会一覧はこちら

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年8月20日

SNSで共有する

TOP
×
menu