不動産経営を成功させるための大切なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産経営にはさまざまな形態があります。売買、賃貸、投資などがそれにあたります。また、関わり方については、専業の方もいれば、サラリーマンと副業でマンションやアパートなどの収益物件を管理し、収入を得ている方もいます。
小規模物件の取り扱いから独立開業に踏み切る人も多い業界ですが、いかに収益率を高く保てるかが重要になってきます。
今回は、不動産経営を成功させるためのポイントについて見ていきましょう。

1.不動産の経営について

不動産経営は、空き室が多いと、収益性はグンと下がってしまいます。
特に売買業や賃貸業の場合は、入居率をあげることに尽きると言えるでしょう。
さらに、物件自体の付加価値で家賃をプラスし、増収に結びつけることもあります。

1-1.不動産経営で大切な事

不動産経営で気にかけておきたいことは、物件の収益性です。これは物件の購入費用と入居率、月の賃料、維持費から求められる利益率で、収益性が高いほど優秀な物件となります。
また、自分でいかにリスクを管理するかも重要と言われています。例えば、木造住宅などの古い物件を安く購入し、リノベーションを行うことで、現代的に修復された状態で賃貸物件として貸し出す方法も一般化しつつあるようです。
リノベーションは初期費用が掛かるものの、収益性が一気に改善されることも多いため、近年で注目されています。

また、物件を運営し続けるだけでなく、タイミングを計って売却していくことも必要です。これは土地によって人口の流動化が起こるためで、収益性が下がる前に手放して手元資金を確保するだけでなく、次の投資に充てることも可能になるからです。収益化された物件自体を売却していくことで利益を上げるビジネスモデルも存在するため、自分の手元資金やリスクに合わせた経営法を選ぶと良いでしょう。

1-2.不動産で売上・利益を出すには

売上と利益を確保するためのポイントは、客観的で合理的な経営を心掛けることです。収益が見込めない物件は早めに手放すか、リノベーションで付加価値を上げるなど、常に大局を見て手を加えていくことが大切になります。
また、周辺環境の変化に比例して住みたいと考える人も増減するため、地域の情報も欠かさずチェックしましょう。管理が手間と感じる場合は、委託管理や運営を代行する企業を活用するのも一案です。かける手間を少なくして件数を増やすといった戦略も考えられます。空き室が出ても賃料を保証してくれる会社もあるため、管理物件が多いと感じる場合は、利用してみるのも手でしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu