雑貨屋で独立開業をするポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

街を歩いていると、時々、おしゃれな雑貨屋を見かけます。そんなちょっとした街の一角にあるおしゃれで可愛らしい雑貨屋の開業に憧れる方も多いのではないでしょうか。
今回は、雑貨屋の独立開業に必要なポイントや流れなどについてご紹介します。

1.雑貨屋の独立開業について

おしゃれな雑貨屋を独立開業するためには、女性から好まれる内装や外装の工夫、仕入れ先の確保など、必要なことはたくさんあります。
それでは、雑貨屋を開業するには、具体的に何が必要なのでしょうか?
そのポイントをご紹介します。

1-1.雑貨屋の独立開業までの流れ

雑貨屋を独立開業するために必要なポイントとして、まず、店舗のコンセプトを決めることが重要です。

雑貨屋で独立開業しようと思った、興味を持ったのはなぜでしょうか?
「こんな雑貨屋を持ちたいな」という目標があったからではないでしょうか。
そうしたイメージ、例えば、中世ヨーロッパの雑貨を販売したいとか、自作のアクセサリーを販売したいなど、そういったコンセプトは店舗の理想像をはっきりさせます。
自分の開業の動機となったことですから分かりやすいとも思いますが、それを頭の中だけでなく、実際に形にしていくことは、とても大事なことです。
コンセプトをはっきりさせることで、店舗の特長を際立たせ、アピールポイントとすることができます。また、同じ趣味を持ったお客さんに興味を持ってもらうこともできます。さらに、仕入れをする際の基準ともなるでしょう。

次に、店舗名を決めましょう。インターネット検索をしてできる限り同じ名前がないことを確認しましょう。販売している雑貨がどういった系統のものなのかがイメージしやすい店舗名だとなお良いです。

開業資金についても、いくら必要になるのかを具体的に検討し、確保しておかなければなりません。物件にかかる費用、内外装工事費、仕入れ費、広告費などがかかってきます。内装や外装にこだわるのであれば、資金は決して安く済むものではないでしょう。

また、開業当初からお客さんが順調に店舗を訪れ、買ってくれるとは限りません。最初は目標通りにいかないことも想定し、自身の生活費も確保しておきましょう。
そして、仕入れ先を決めましょう。仕入れ先によって、融通がきいたり安くなったりとメリットが異なることがあります。
開業が近づいたら、宣伝活動も始めましょう。特に、ホームページやSNSをはじめとしたインターネットの活用は、現代では必須と言えます。もちろんながら、店舗予定地の前を通る人に対する張り紙での告知も欠かさずにしておきましょう。

1-2.雑貨屋の独立開業をする際のポイント

雑貨屋を独立開業することのポイントは、しっかりとコンセプトを作り込み、それに基づいた戦略を立てることです。
その手段として、実店舗やネットショップなどがあります。例えばネットショップも活用を検討されるのであれば、無料ネットショップから検討しても良いのではないでしょうか。その場合はデザインがとても重要となってきます。

コンセプトにもよりますが、雑貨屋は女性の来店も多いでしょうから、まずは女性の目にとまるデザインにすることで、サイトへの訪問から商品の購入まで進めてもらうきっかけを作りやすいでしょう。

このように、雑貨屋はまずコンセプトをはっきりさせたのち、低コストで始めて、売上の見込みが立ったところで、新しい商品を仕入れたり、ネットショップを開店・充実させたり、イベント出店などに展開したりしていくことが、無理のない独立開業のポイントとなります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu