独立開業して花屋をやりたい!成功の秘訣とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

花屋を自分の思う通りに店舗展開したいのであれば、独立開業する方法が最も有効です。しかし、いざ独立開業するとなっても、多くの人が分からないことだらけで二の足をふむのではないでしょうか。
ここでは、どうしたら花屋として独立開業し、成功させることが出来るかをご紹介します。

1.花屋の独立開業について

花屋といえば昔は商店街や市場にあるイメージが強かったと思いますが、最近ではさまざまな場所に、さまざまな形態で出店しています。
例えば、スーパーマーケットに隣接しているものや雑貨屋と一緒になっているもの、インターネット専門で販売を行っているものなどがあります。扱う商材が花という生き物であることもあり、経営が難しいと言われる花屋ですが、独立開業するにはどのような準備が必要なのでしょうか。

1-1.花屋を独立開業するまでの流れ

いざ花屋を開業すると決めても、何から手をつけて良いかわからない…という場合には、まずはどのような形態で経営したいのかを明確にしてみましょう。
花の種類を多くしたいのか、珍しい花を扱う花屋にしたいのか、アレンジで勝負したいのか、結婚式や葬式で使用する花を専門的に売りたいのか。そこを明確にすることによって、店舗の全体像や必要な準備、経費の計算にとりかかることができます。
また、店舗を持つのであれば場所選びから始めなければなりません。その際、だいたいどのような年代、性別の人が多く住んでいる地域なのか、どのような店舗が繁盛しているかなど、店舗を出す地域を事前にリサーチしておくことが大事です。
また、経営者自身が花屋で働いたことが無いという場合は、開業前に一度、花屋でのアルバイトを経験しておくとイメージが湧きやすくなるでしょう。実際に花屋で働くことで、花屋の1日の流れや注意すべき点、ディスプレイの工夫の仕方など、学ぶべきことが分かります。

1-2.独立開業する際のポイント

花屋を開業するのに特別な資格や免許はありませんが、開業後に経営を続けていくことこそ最も大事です。それを考慮して、フラワーアレンジメントやブライダル用のお花のアレンジの仕方など、花屋としてプラスアルファとなる技術を事前に身につけておくと役に立つでしょう。
また、余裕がある場合は、専用のウェブサイトやSNSを活用した店舗の宣伝も行いましょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu