飲食店の経営を成功させるために考えておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

外食産業は、常に競争の激しい産業といえます。そのような中、生き残れる飲食店にするためには何が必要なのでしょうか。
今回は、飲食店の経営を成功させる為に必要なポイントをご紹介します。

1.飲食店の経営について

1-1.飲食店の経営で大切な事
1-2.飲食店の経営で売上・利益を出すには

1.飲食店の経営について

飲食店の経営と言っても、ラーメン屋と定食屋、カフェや居酒屋など、提供する料理や店舗のスタイルなどによって必要な準備は異なります。一方で、飲食店を経営する上で共通する大切なポイントもあります。
具体的にどのようなことが大切なのか見ていきましょう。

1-1.飲食店の経営で大切な事

何と言っても飲食店を経営する上で大切な事は、お客さん目線になることです。
飲食店である以上、ターゲットとなる客層に合ったメニューの数や料理の味は大事です。しかし、それだけでは経営はうまくいきません。経営し続けるにはメニューや接客などを通じて、お客さんのニーズに応え続ける努力が必要です。
簡単な例を挙げると、料理の盛り付け方や店内インテリア、清潔感や明るい接客態度など、当たり前のように思えるようなところこそ、お客さんは見ているのです。
実際、「料理はおいしかったけど、接客がちょっと…」、「接客はいいけど、味がちょっとね…」という店舗に「また行きたい」という気持ちにはなかなかなりません。
飲食店の経営を続けるためには、常にお客さんの目線でお店の改善点を探し出して改善したり、お客さんのニーズを満たすサービスを提供し続けたりしていくことが不可欠なのです。

1-2.飲食店の経営で売上・利益を出すには

飲食店の経営を継続するためには売上・利益を出さなければなりません。
その為にはしっかりとした経営戦略を立てることが必要です。
もちろん、原価や人件費を抑えたり、フードロスを減らす努力をすることは飲食店の経営者なら誰しもが考えなければならないことです。しかし、それで十分とは言えません。
他店との差別化を図り、お客さんに満足してもらうにはそれなりの工夫も必要です。例えば、ハンバーグをメニューに記載する際に素直に「ハンバーグ」と記すのではなく、「当店自慢!自家製ハーブを使用したオリジナルハンバーグ」と記してみたり、ドリンクを注文する際にリンゴジュースとオレンジジュースを半分ずつ、という注文を可能にしてみたり。常連のお客さんができれば、お持ち帰りや裏メニューの提供もアイディアとして考えられます。このように、やろうと思えばできる工夫はたくさんあるはずです。
地道な工夫を増やすことで、リピーターのお客さんの割合も増え、口コミが広がれば、結果的に売上・利益の向上につながるでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu