エステサロンを開業する前に経営者が知っておくべき事柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年、健康や美意識の高まりから、エステサロンやリラクゼーションサロン業界の需要が上昇し続けています。
新たにエステサロンを構える経営者にとって、これはとても魅力的な事実です。しかし、需要が高いということは、言い換えるなら、ライバルも多いということです。
この業界での競争を勝ち抜くためには、開業前にしっかりと戦略を立てることが必要です。独立開業までの流れはどのようなものか知っておきましょう。

1.エステサロンの独立開業について

エステサロンの独立開業までに、施術を行う場所をどうするか、最低限そろえなくてはいけない器具とかかる費用はどれくらいなのか、集客のための広告はどういった手段を選ぶかなど、いくつか準備することがあります。生き残りが厳しいと言われるエステサロン業界で生き残っていくためにはどのような準備が必要でしょうか。

エステサロンを開業する前に経営者が知っておくべき事柄

1-1.独立開業までの流れ

エステサロンの開業は特別な資格は必要ありません。自治体などの公的機関の許可を取ったり、届け出をしたりする必要はないので比較的開業しやすいと言えるでしょう。
もちろん、お客さんに満足していただけるだけの知識と技術が必要である上に、数多くあるエステサロンの中で何度も足を運んでもらうための付加価値といったものは必要です。

広告費、運転資金を含めた開業資金を準備しながら、どのようなサロン経営をしていきたいかといったコンセプトをしっかり作り、事業プランを立てましょう。

施術する場所は、店舗またはマンションなどの1室を借りる他に、自宅の一部を開放してサロンとして使ったり、お客さんの家に出向いて施術をする出張エステ、ホテルやスポーツクラブのスペースを借りて開業するなどさまざまな方法があります。

施術の場所が決定したら環境を整えましょう。コンセプトに合った、作り上げたい雰囲気のサロンにするために内装や家具を選び、スムーズな動線のための配置を決めましょう。
フェイシャル、ボディ、ネイル、脱毛など自分が行う施術に必要な機器や化粧品などをレンタル、または購入します。
オープンの日に備え、コンセプトに合ったターゲットに向けた広告を入れるなど、集客のための宣伝をしましょう。

1-2.独立開業する際のポイント

開業する際に必要となる初期費用と固定費は、なるべく抑えるようにしましょう。

初期費用とは、店舗を開業する際に必要になる費用のことで、敷金や礼金、改装費などの場所代、そして施術するのに必要な器具類にかかる費用のことです。

いきなり多くのスタッフを雇って大きな店を開業するのはリスクが高すぎます。
まずは小規模の店から始めていきましょう。

次に固定費ですが、店舗の家賃や人件費、美容機器のリース代、広告費などです。
サロンが閉店する原因のほとんどが、この固定費の高騰によるものと言われています。
固定費の額が大きければ大きいほど、手元に残る利益が少なくなりますので、売上がいくら多くても、固定費が高いと利益はあまり見込めません。

事前に決めた店舗のコンセプトに照らし合わせて、家賃やスタッフの数、美容機器は適切かどうかなどをしっかりと吟味するようにしましょう。
固定費を抑える事ができれば、あとは経営次第で利益も見込めるでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu