薬局の経営ノウハウを身につけるためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

薬局の経営においては、薬の知識だけではなく、それを相手にわかりやすく親切に伝えるためのコミュニケーション能力なども必要になるでしょう。薬局を開業して成功を収めている方は、どのような経営ノウハウを身に付けているのでしょうか。成功している薬局にはそれ相応の理由があるため、なぜ成功しているのかを考えることは非常に効果的です。そこで、薬局経営に役立つノウハウについて知っておきましょう。

1.薬局の経営について

薬局で成功し続けられる経営ノウハウとはどのようなものなのでしょうか。
ここではそれを見ていきます。

1-1.薬局の経営で大切な事

一薬剤師として活躍するのなら、そこまで誰かと関わることはないかもしれません。しかし、経営者ともなれば、話は別です。従業員と、取引先と、患者さんとコミュニケーションを取り合う必要があるため、積極的に行動を起こさなくてはなりません。

クリニックとの関係性は、薬局経営において非常に重要です。クリニックと薬局はお互い切り離せない関係ですし、お互いが意見を交換し、より良い薬を必要なときに提供できる環境を整えることが大切なのです。特に、既存の薬と新薬への切り替えは、多くの薬局を悩ませている問題の一つです。せっかく薬を仕入れたのにいくらか余ってしまった、急な新薬への切り替えにすぐ対応することができなかったなど、クリニックとのコミュニケーション不足から陥りやすい問題はなるべく避けましょう。

1-2.売上・利益を出すには

薬局の経営を成功させるには、中長期的に安定した収入を得ることが重要です。収入への不安から様々なビジネスに手を出してしまいがちな方もいますが、タスクが増え、本業が疎かになってしまいます。
特に薬局経営に慣れていない場合、独立開業直後はある程度方向性を絞り込み、経営に集中することも大切でしょう。

また、薬局に勤める人員の管理も、経営の安定化には欠かせません。組み合わせ次第では、フルタイムの社員を雇用せず、パート・アルバイトだけで乗り切ることが可能な場合もありますし、逆の場合もあります。しかし、どちらにしても、現場で働く人々のメンタル面にも気を配りながら管理していく必要があります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する