居酒屋の経営を成功させるために必要な「好立地」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

居酒屋の経営を成功させるためには、「駅前の好立地を確保する」というセオリーがありますが、実際には駅前好立地でなくとも成功させている居酒屋が存在します。

1.居酒屋の経営について

居酒屋の経営に有利だと思われがちな駅前という立地条件。この条件を見直すことで、高額な費用をかけずに高い売上が確保できるポイントをご紹介します。

1-1.居酒屋経営で大切な事

居酒屋は、駅前にあるテナントの1階に開くことで、新規客もリピート客も獲得しやすくなるでしょう。しかし、その分土地代やテナント代は上がるので、新規開業するには多額の費用が必要です。さらに、駅付近には居酒屋や飲食店がひしめきあっているので、同業者のライバルも多いでしょう。なんとかお金を工面できて開業しても、お客さんが別の店舗に流れてしまうことがあれば、影響は避けられません。
費用が限られて居て、駅前の好立地に出店出来ない場合、安定した売上を確保するにはどうしたらよいのでしょうか。

1-2.居酒屋で売上・利益を出すには

駅前の人通りが多い場所だけが、良い立地ではありません。大事なことは、その土地の需要に合った店舗を出せているかどうかです。
例えば、学生街に高級食材を使用した居酒屋を開業しても、値段の高さから敬遠される可能性があります。逆に、高級住宅地付近に庶民的な居酒屋チェーン店を開業した場合、お金を出してでも美味しいものを食べたい人には魅力が感じられないかもしれません。土地に馴染んでいない店舗は、その土地に住む客層とマッチしていないのです。

例えば、駅からバスで行ける距離にある新興住宅地の近くに、ファミリーで楽しめるような居酒屋を開くと、付近に供給が少ない分集客が期待できます。
駅前の好立地でなくても、ターゲット層のコンセプトがあっていれば、それが「良い立地」なのです。不動産に関する費用はとても大きく、一度出店すると簡単に場所を変えられません。一般的なセオリーや好条件だけにとらわれず、常に客層を意識して立地を探しましょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu