ラーメン屋で独立開業したい!どうやったら成功する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ラーメンは全国各地で子どもから大人まで大人気のメニューです。脱サラして独立起業をしようとする人の中には、ラーメン屋を検討する人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
それでは、ラーメン屋を開業して、行列のできる店舗になるまでにはどのような準備が必要なのでしょうか。

1.ラーメン屋の独立開業について

ラーメン屋で独立開業する場合、ラーメンの味はどんなものを提供するか、どんなお客さんをターゲットにするか等しっかりコンセプトを固めたうえで、必要な店舗や設備等、どれくらいの初期投資が必要となるか算出しましょう。

1-1.ラーメン屋として独立開業までの流れ

ラーメン屋では、独自の味を出すことは大事なことです。
例えば、北海道の味噌バターラーメンや九州のとんこつなど地方ならではの味もあります。どのような味を提供するか、どんな店舗にしていくか、まずコンセプトをしっかり立てることが必要です。
ラーメン屋は、屋台や、カウンターのみの店舗でも開業できるので比較的少ない資金で開業することが可能です。さらに、以前ラーメン屋として利用していた居抜き物件を狙えば、必要な設備も整っていることが多く、開業資金を抑えることができます。
また、フランチャイズシステムを利用した開業であれば、月々のロイヤリティが掛かるものの、最初からブランド力を持つことができ、店舗の場所、開業準備、集客、食材の手配等事細かくアドバイスがもらえる点でとても安心感があります。

ラーメン屋の開業にあたっては、食品営業許可を除けば、資格等は特に必要ではありませんが、食品衛生管理者の講習を1日受ける必要があります。

食材をどこまでこだわって、どこから調達するか、原価をどれくらいかけるのか、価格はいくらにするか、月々何杯売りあげれば経営を回していけるのか等、きちんと事業計画を立てることが重要です。

1-2.ラーメン屋を独立開業する際のポイント

ラーメン屋は比較的開業しやすい、と説明しましたが、全国でも店舗数が多く、生き残りが難しいのもまた事実です。
初期費用はできるだけ抑えて、味の追求はもちろんのこと、集客の方法や、一度来てくれたお客さんに何度も気持ち良く足を運んでもらえる方法を工夫していくことがとても重要です。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する