ハウスクリーニング業で独立開業するならチェックしておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

独立開業をする際、ハウスクリーニング業で開業するという方法があります。
ハウスクリーニング業は、認可も店舗も不要です。多少の設備投資を行うことで、比較的手軽に開業できるのです。
年配者や共働きの家庭などから、ハウスクリーニングの依頼が増えている今だからこそ、需要のある市場と言えるでしょう。

1.ハウスクリーニング業界の独立開業について

ハウスクリーニングを開業するのは比較的容易です。しかし、それだけライバルが多い、ということでもあります。そのため、開業に向けてしっかりと準備しておくことが大切です。それでは、実際の開業準備として、具体的にどういったことが必要になるのでしょうか。

1-1.ハウスクリーニング業界で独立開業までの流れ

ハウスクリーニングで独立開業をする際には、独立を支援してくれるサービスを利用すると、比較的始めやすいでしょう。こうしたサービスを利用する場合は、研修を経て、ハウスクリーニングに関するスキルを身につけた後、実際に開業をしていく流れになります。
開業届も必要なのでしっかりと確認をしておきましょう。また、開業時に必要になる資金や設備として、清掃道具や車両があげられます。店舗は必ずしも必要というわけではありません。店舗を設けると固定費がかかるため、初期費用を抑えたい場合は店舗を構えずに開業をすることも可能です。また、ハウスクリーニングでは宣伝が特に大事で、開業時にはこの宣伝費も視野に入れておくと良いでしょう。

1-2.ハウスクリーニングで独立開業する際のポイント

ハウスクリーニングで開業する際には色々な方法があります。例えばフランチャイズを活用したり、既存のハウスクリーニング会社に入社して開業を目指したりする方法などです。
ハウスクリーニングで失敗する例として、知名度が上がらず「お客さんが全然来ない」といったことがありますが、すでに知名度の高いブランドを持つフランチャイズを利用すればこういったリスクは最小限に抑えられます。しかし、開業資金として加盟金などが別途かかることや、本部とのフランチャイズ契約に基づいた制約(提供するエリア等)があることも考える必要があります。また、ハウスクリーニング会社に入社する、という方法では、開業するまでに時間はかかりますが、お金を貯めながらノウハウを得られるというメリットがあります。
このように、それぞれの開業方法でもメリットとデメリットがあるため、よく内容を理解して比較することが開業する際のポイントとなります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する