介護業界で独立開業する際のポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高齢化の進行に伴い介護業界の市場は拡大し続けています。
これから起業を検討している方にはチャンスのある業界かもしれません。介護業界でも比較的開業しやすいと言えるのが訪問介護事業でしょう。この事業で独立開業をする際のポイントについて見ていきましょう。

1.介護業界の独立開業について

介護事業で独立開業するためには、事業所を立ち上げる都道府県で「介護事業者指定申請」を行い、指定介護事業者として許可を受ける必要があります。
その他に

も、人員基準や設備基準など様々な制約があるので、事前にしっかりと調べて準備しておきましょう。

1-1.介護事業で独立開業するまでにしなければいけないこと

介護事業を独立開業するためには、まず指定介護事業者として都道府県から認可を得なければいけません。認可を取得するためには法人格の取得をするとともに人員基準や設置基準、そして運営基準といった各種基準を満たしておきましょう。
人員基準では、常勤の管理者の設置や常勤のサービス提供スタッフの設置が必要になります。他にも訪問スタッフとして、常勤換算で2.5人以上の設置をしなければいけません。設置基準では訪問介護に必要な設備があるか、十分な広さの事務室があるかといったことがポイントになってきます。
また、運営基準ではサービス提供時にしっかり説明がなされるか、苦情処理はどうするかといったことがチェックされます。他にも衛生管理や秘密保持ができているかといったことも問われます。このように数多くの基準を満たさなければなりませんので、漏れがないか注意して一つずつ確認していきましょう。

1-2.介護で独立開業する際のポイント

介護事業で独立する際に、資金に不安がある方は初期投資が少ない事業を選ぶことがポイントです。
その点で考えると、始めやすいのは訪問介護事業でしょう。

訪問介護とは、日常生活で介護が必要な要介護者又は要支援者が、自宅や有料老人ホームで、入浴や排せつ、食事等の身体介護や掃除、洗濯、調理等の生活援助を受けるサービスのことです。
利用者の自宅を訪問して介護サービスを行うため、大規模な施設もいらず他の介護事業と比べても比較的費用が少なく済みます。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu