ローソンの加盟金について事前に知っておきましょう


ローソンのフランチャイズに加盟する際に必要となるのは加盟金を含む必要資金です。この必要資金について事前に知ることで、一体いくらお金が必要なのか、またそのお金はなぜ必要なのかをきちんと理解し、スムーズなコンビニの経営をスタートさせましょう。

1.ローソンの加盟金とは

ローソンのフランチャイズに加盟する際に発生する加盟金とは、一体どういうものでしょうか。

ローソンのフランチャイズシステムは、本部と加盟店が一体となって店舗を経営します。その際、本部はローソンのサービスや商標・屋号の使用、経営ノウハウを提供するだけではなく、継続的に加盟店に対して経営の指導や援助を行います。
加盟金には、開業前の研修費や開店準備手数料となっています。

1-1.加盟者の条件について

ローソンのフランチャイズは誰でも加盟できるわけではありません。

・ 年齢が20歳から65歳までの方で、体力、気力が充実している方
・ 店舗専従者が2名いること。例えば、夫婦や親子、または兄弟です。もしくは、三親等内の親族で経営可能な方
・ 店舗の近くに住む事が出来る方
・ 契約時に必要な資金が準備できる方

加盟を検討している方は、これらの条件がクリアできているかチェックしておきましょう。

1-2.フランチャイズ加盟金とは

ローソンのフランチャイズへの加盟金は、契約タイプによって金額に差があります。

まず、ローソン本部が土地と建物を用意するFC-Cnタイプですが、加盟金が100万円(税抜)と出資金(商品代金の一部)が150万円で、合計250万円(税抜)が必要です。加盟金の内訳は、研修費が50万円、開店準備手数料が50万円となっています。また、それとは別に諸経費として、開店準備金がプラス約50万円必要です。
ちなみにこのFC-Cnタイプは加盟条件が新しくなり、これまで必要だった契約金の50万円が0円になりました。また、転居費支援金として、ローソン本部から100万円が支給されます。そして、出資金の150万円は分割払いも可能になりました。

次に、オーナー自身が土地と建物を準備するFC-B4タイプですが、こちらは加盟金が150万円(税抜)、出資金が150万円で、合計300万円(税抜)が必要です。加盟金の内訳は、契約金が50万円、研修費が50万円、開店準備手数料が50万円となっています。また、FC-Cnタイプと同じく、このFC-B4タイプも開店準備金が別で約50万円プラスとなります。

1-3.本部チャージ(ロイヤリティ)とは

次に、本部チャージ(ロイヤリティ)についてです。

一般的にフランチャイズのコンビニ経営では、加盟店は契約条件に応じたロイヤリティを本部に支払います。

こちらも契約タイプによって差があります。

ローソンの場合、FC-Cnタイプは、総荒利益高に対して次の率を乗じた金額になっています。300万円以下の部分には45%、300万円を超え、450万円以下の部分には70%、450万円を超えた部分には60%です。

また、FC-B4タイプは一律で総粗利益高の34%と決まっています。

1-4.加盟金以外の必要な資金とは

加盟金以外でかかる必要な資金についてみていきます。
まず、店舗建設と内装設備ですが、これはFC-Cnタイプは本部が負担してくれますので、初期の負担額は実質0円です。反対にFC-B4タイプはオーナーの負担となります。

次に、営業什器ですが、こちらもFC-Cnタイプは本部が負担してくれ、反対にFC-B4タイプはオーナーで負担することになります。

さらに、FC-Cnタイプは見切り・処分額の一部も本部が負担してくれます。また、光熱費の一部も本部が負担してくれ、本部からの手厚いサポートを受けることができるのです。

フランチャイズを検討するにあたり、初期費用を抑えたい場合にはFC-Cnタイプ、土地や建物をお持ちで活用していきたい場合はFC-B4タイプが適しているでしょう。説明会や資料を活用して、より条件に適したタイプを選んでいきましょう。

ローソンのフランチャイズシステム”加盟金”について詳細は説明会で確認
<全国の説明会情報はコチラ>


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月5日

SNSで共有する

TOP
×
menu