独立を検討している方へ!フランチャイズビジネスを学ぼう


独立開業を検討している方に向けて、フランチャイズの基礎情報を中心に、フランチャイズビジネスのメリットも踏まえてご紹介します。

フランチャイズビジネスについて知ろう

よく耳にする「フランチャイズ」という言葉。
独立起業を検討している方なら、聞いたことのある言葉ではないでしょうか。
しかし、どういった仕組みのことを言うのか分からないといった方も多いでしょう。
そこで、まずはフランチャイズの意味について学んでいきましょう。

1-1.フランチャイズとは

フランチャイズでは、まず、フランチャイズ本部と独立開業したいという方が契約を交わします。フランチャイズ本部は商標・屋号や経営のノウハウ、企業ブランド商品の販売などを行う権利を契約者へ提供し、契約者はそれらを活用して事業運営を行います。契約者の努力や能力次第では、売上・利益のさらなる増大も夢ではありません。
しかし、契約者が経営のノウハウを上手く扱えず赤字が続くような場合は、契約の解除につながる可能性もあります。その場合、契約者はあくまでも独立した事業体であるため、自分自身で責任を負うことになるのです。

1-2.フランチャイズの仕組み

フランチャイズは、先述の通り、フランチャイズ本部と契約して、そのブランド(看板)や経営のノウハウ、企業独自のレシピなどを活用して事業を営む仕組みです。
契約者は対価として、フランチャイズ加盟する際、加盟金を支払い、設定されたロイヤリティを支払う形が一般的です。ロイヤリティの算出方法は複数あり、フランチャイズ本部によって異なりますが、それによりフランチャイズ本部から様々なサポートを受けられるのです。

1-3.フランチャイズのメリット

フランチャイズで開業をするメリットはいくつかあります。
例えば、店舗を開業するにあたり一から事業を立ち上げる場合、まずその事業計画やコンセプトの決定にはじまり、商品や店舗の存在をお客さんに知ってもらう取り組みからスタートしなければなりません。
しかしフランチャイズの場合、既に知名度、ブランドがあります。本部が蓄積してきた経営上のマニュアルやノウハウを活用できるので、その事業の経験が浅くても始めることができるのです。
さらに、一から事業をおこす場合に比べて比較的低資金で開業することができるといった特長もあります。

このように、フランチャイズビジネスにはメリットもたくさんあるのです。
もちろん、フランチャイズならではの制約もあるので、フランチャイズでの開業を考えている方は、そうしたところも含めて事前によく確認しておきましょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu