コンビニ業界に新規参入するには?


コンビニは第4のインフラと呼ばれるほど生活に必要なものとして重要視されています。そのような社会的ニーズの高いコンビニですが、自分自身で立ち上げ、新規参入していくことは簡単なことではありません。ここではその理由と、フランチャイズに加盟する選択肢について見ていきます。

1.コンビニ業界の新規参入について

なぜコンビニ業界への新規参入が難しいのか。その理由や、個人でコンビニを立ち上げた時の難しさなどをご紹介します。

1-1.業界内の競合企業の存在

コンビニの、個人での新規参入が難しいと言われている理由の一つに業界内に競合企業が多く存在していることが挙げられます。
大手コンビニチェーンだけではなく、地域限定のコンビニや個人が経営する商店、さらにスーパーマーケットなど、競合が避けられない地域が多く存在しています。
そのため、個人でコンビニを開業するのであれば、小売業の経験やある程度の知識、ノウハウを持ってから開業しないと、新規参入は難しいと言えるでしょう。

【新規参入する場合の確認事項】
必要とされる営業許可はもちろん、煙草や酒の販売許可、従業員の就業に関する届け出は必ず必要となりますので、よく確認をしておきましょう。
上記以外にも、開業するための資金はどのくらい必要なのか、物流体制はどうするのかなど、コンビニを開業する場合によく調べることが重要です。

2.大手コンビニチェーンのフランチャイズ

コンビニ業界に新規参入する方法の一つとして、大手コンビニチェーンとフランチャイズ契約を結び、加盟する方法があります。
そのフランチャイズ契約についてメリットや取り組みをご紹介します。

2-1.コンビニフランチャイズのメリット

コンビニで独立開業する方法として、大手コンビニチェーンに加盟することが挙げられます。
大手コンビニチェーンに加盟することのメリットとして一番大きなことは、コンビニを経営する上で必要なノウハウを学んで独立できることです。経営には専門的な知識が必要となる場合も多いですし、困った時は本部に相談することでサポートしてもらえます。
また、コンビニはレジや発注端末をはじめとした最先端のPOS(販売時点情報管理)システムが充実しており、それらを生かして商品の仕入や販売、売上の分析を行うことができます。機器の操作方法についても開店前の研修や開業後のサポートで確認することができるため、安心です。

以上のことからも、コンビニに新規参入するには、自分自身で一から立ち上げるよりもフランチャイズに加盟して独立開業することが有利であると言えるのではないでしょうか。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu