フランチャイズで儲かるための仕組みを知ろう


フランチャイズに加盟するにあたり、その仕組みが儲かるか、構造について知っておきましょう。
また、そのフランチャイズのメリットをまとめました。

1.フランチャイズで儲かるための仕組みを知ろう

1-1.フランチャイズの仕組み

フランチャイズに加盟して儲けを出していくためには、まずフランチャイズの仕組みを理解することが必要です。

フランチャイズとは、加盟者が本部にロイヤリティーを支払うことで、本部の商標・商号、サービスマーク、チェーン名称を使用する権利、本部が開発した商品やサービス、経営上のノウハウを利用する権利を得て、本部の継続的なサポートを受けながら経営を行う仕組みです。その仕組みを活用して、売上や利益を上げていきます。

1-2.フランチャイズのメリット

フランチャイズに加盟することのメリットとして、まず、本部の商標・商号を取り扱うことができるという点が挙げられます。
本部が宣伝活動を行うため、知名度のあるブランドであれば、加盟者自身が一から集客をしなくても自然とお客さんが集まりやすくなります。
また、経営や運営に必要な知識やノウハウを、事前に行われる研修によって学ぶことができるのも、大きなメリットの一つでしょう。
さらに、開業後も継続的なサポートを受けられるため、安心して事業に専念することができます。

1-3.利益を上げるために実施すること

フランチャイズの仕組みは、開業もしくはその後の運営をサポートする仕組みであり、加盟しただけで何もせずに儲かる訳ではありません。では成功している人は一体どんなことに気をつけて経営しているのでしょうか。

経営において、利益を上げる方法は大きく2つあります。
一つは仕入や販売方法を工夫しながら売上を伸ばすこと、もう一つは人件費や水道光熱費など経営上発生するコストを適正な状態にコントロールすることです。このどちらも意識をしていくことで、儲かる経営につながると言われています。
本部は、加盟者が支払ったロイヤリティーを元に、さらなる店舗展開や商品開発、販売促進を行っていきます。
本部と加盟者、どちらもが利益を得るために相互協力をし、経営を行うことでフランチャイズというシステムは成り立っており、二者間の信頼関係はとても重要です。

フランチャイズに加盟し儲けるには、フランチャイズの仕組みを理解し、最大限利用することと同時に、自分自身が経営に関する知識を身につけ、そのための努力をすることが重要となっています。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu