金券ショップの開業資金について


お得に公共交通機関のチケットや金券が購入できるとあって、節約したい人に人気の金券ショップですが、業界としてはどのようになっているのでしょうか。
また金券ショップを開業するにあたりどれくらい開業資金がかかるのかをご紹介します。

1.金券ショップ業界について学ぼう

金券ショップ業界は現在どのような市場で、今後はどういう展望になるのでしょうか。
金券ショップ業界情報とサービスについてご紹介していきます。

1-1.金券ショップ業界の現在

金券ショップは新幹線チケットや飛行機のチケットが安く手に入るため、若い人や急にチケットが必要となった人に人気がある業界です。
しかし、金券ショップの業界全体としては、電子チケットやオークションサイトでの売買などが主流となってきているため、その規模は縮小傾向にあります。
また、金券以外のブランド品やリサイクル品を取り扱うショップも増えてきており、リサイクルショップとして運用している店舗も多くなってきています。

1-2.金券ショップの開業資金について

金券ショップを開業するにはいったいどれほどのお金が必要なのでしょうか。
金券ショップでは狭い店舗でも充分に開業が可能となっています。
また、古物営業法による古物営業許可を受ける以外に金券の取り扱いに必要な技術や資格も必要ないため、開業しやすいと言えるかもしれません。
そのため、金券ショップの開業にかかる資金としては、数百万円程あれば開業できるのではないでしょうか。

手続きについては、前述したように金券ショップを開業するには古物営業法という法律による規制を受けるため、警察署に古物営業許可を受けなければ開業することはできません。
また、高額のチケットなどを取引する場合は、相手の身分確認を取る場合があるため、個人情報の取り扱いに関する知識も必要となってきます。

1-3.金券ショップの仕入れについて

金券ショップは金券を安く売っているイメージが強いため、どのようにして利益を上げているのかわからない方も多いと思います。
そこで金券ショップの仕入れについて調べてみました。

通常、金券を買い取る場合は94~96%で買い取ることが一般的で、元の金額の98~99%ほどで販売するため、薄利多売のビジネスモデルと言えるでしょう。

また、近年ではチケットの電子化やネットオークションでの取引が増えたため、仕入れ方法を工夫することが重要となります。

例えば、力を入れている商品に関しては、直接仕入れることができる取引先を開拓したり、インターネットショップを構築することで取引回数を増やしたりすることなどがあげられます。

最後に、金券ショップでは期限付きの金券を取り扱う時には特に注意が必要です。
期限の切れた金券は紙切れ同然となるため、期限前に安くても売り切ってしまわなければいけません。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu