フランチャイズ加盟による起業と個人での起業の違い


フランチャイズに加盟して起業することと、個人で起業することはどちらも「個人経営」ではありますが、違いがあります。
ここではその2つの違いについて、メリット・デメリットを通して説明していきます。

1.フランチャイズ加盟による起業と個人での起業の違い

フランチャイズに加盟すると、本部に対しロイヤリティを支払うことで、その分フランチャイズ本部が持つ経営ノウハウや商標・屋号などを利用することができ、起業までの準備や起業後のサポートを手厚く受けることができます。個人で一から起業する場合、当然ロイヤリティは発生しませんが、手厚いサポートもなく、すべてのことを自分自身で準備し、経営していく必要があります。

しかし、フランチャイズに加盟して起業することも、個人で起業することも、どちらも「個人経営」に違いはありません。そのため、どちらも自分自身で責任を持つことになるため、メリット・デメリットを良く検討し、自分自身にあった方法で起業を検討する必要があります。

1-1.フランチャイズに加盟するメリット・デメリット

【メリット】
・FC本部の商標・屋号を利用できるため、独立開業後、十分な集客を見込める
・未経験者であってもフランチャイズ本部のサポート、経営する仕組みが利用できる。
・地域社会や信金融機関の信用が得られ易い

【デメリット】
・本部へロイヤリティを支払う必要がある
・フランチャイズ契約上、商品調達やサービスの追加などが自由にできない場合がある

フランチャイズに加盟することは商標・屋号を利用することで集客力も高まるため、起業した当初から集客を見込めます。
さらに未経験であっても、起業前にフランチャイズ本部のマニュアルやサポート、研修などを受けることができるので、安心して経営することが可能です。
ロイヤリティを支払う必要はありますが、その分起業前、起業後に手厚いサポートを受けることができるため、リスクを抑えて起業することができます。

1-2.個人での起業によるメリット・デメリット

【メリット】
・自分のやりたいことが自由にできる
・得た利益がそのまま自分の報酬となる
・働く時間など就業ルールに縛られないため自由に時間を作ることができる

【デメリット】
・起業当初に成果が出にくい場合があり、資金繰りに苦労する
・失敗した場合にサポートがない
・ローン、クレジットカードなどが使えない場合がある

個人で起業する場合、起業に必要な人や物、金、情報などを全て自分で用意する必要があるため、ある程度の経験や経営ノウハウが必要になります。

このように、フランチャイズに加盟することと個人で一から起業することでは違いがあります。
しかし、どちらも自分自身の努力なくして成功はありえません。自身にあった方法で起業を検討してみましょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu