人気コンビニ大手3社の比較とそこから見える経営成功の秘訣


コンビニ業界は飽和状態と言われているなかで、まだまだ人気の高いコンビニ大手3社は、現在でも成長を続けています。今回は、人気のコンビニ3社を比較してみましょう。

1.人気のコンビニ(大手3社)について

コンビニ大手3社として挙げられるのは、ローソンとセブンイレブン、そしてファミリーマートです。これらのコンビニを比較し、どのフランチャイズを利用すればいいのか検討してみましょう。

1-1.店舗数の比較

大手3社の店舗数を比較すると、以下のようになります。

ローソン(約12,600店舗)
セブンイレブン(約19,000店舗)
ファミリーマート(約18,000店舗)
※2016年9月時点 コーポレートサイトより参照

ローソンは関西圏や東北に多く、セブンイレブンは主に関東や甲信越に分布しています。また、ファミリーマートは沖縄や関東に集中しています。ローソンとファミリーマートは47都道府県に出店していますが、セブンイレブンでは未出店の地域もあります。

1-2.ファーストフードの比較

コンビニのレジの横に配置されているファーストフードの数々。
業界ではファーストフードと呼ばれているそのコーナーは、普段の買い物のついでに買いたくなるようなものばかりが配置されています。

近年のコンビニでは独自ブランドの商品を販売することに力を入れており、特にファーストフードの人気は高いです。
例えばどのようなものがあるか、代表的なものを挙げてみます。

・ローソン「からあげクン」
・セブンイレブン「揚げ鶏」
・ファミリーマート「ファミチキ」

ローソンの「からあげクン」は、小さいながらもジューシーで食べ応えがあり、また爪楊枝で簡単に食べられるという手軽さから、ローソンを代表するヒット商品です。誕生以来変わらず愛され続けているロングセラー商品でもあります。

セブンイレブンの「揚げ鶏」は、肉厚でジューシーな鶏肉がコンビニで食べられ、しかも骨がないという手軽さも人気の秘訣のようです。

ファミリーマートの「ファミチキ」は、専門店のような本格的な仕上がりで、クリスマスシーズンなどにも重宝されています。

1-3.PB商品の比較

大手3社のPB商品についても見てみましょう。

・ローソン「ローソンセレクト」
・セブンイレブン「セブンプレミアム」
・ファミリーマート「ファミリーマートコレクション」

例えば「ローソンセレクト」ではきんぴらごぼうやハンバーグなどの各種惣菜や、ハム・チーズなどの日配品が充実しています。一人暮らしやあまり多く食べられない方にとって、調理済みのものを自分の食べる分だけ購入することができます。そのほかにも、冷凍食品、ドリンクや調味料、食品以外にもキッチン用品やトイレタリー商品など、多くの種類を取り揃えているのが特徴です。
「セブンプレミアム」で有名なのは「金の食パン」に代表されるゴールドシリーズです。北海道産生クリーム、カナダ産のはちみつを使用した食パンは、「さっくり」と「もっちり」の2つの食感を楽しめます。
「ファミリーマートコレクション」は「レギュラーライン」と「プラチナライン」に分かれており、特に「プラチナライン」では高級志向の食材やお菓子などを多く揃えています。

このように商品は各社で充実しており、味の好みによってコンビニを使い分ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。3社ともPB商品の充実と認知度アップに力を入れているので、PB商品競争はますます過熱していくでしょう。

1-4.時代を掴んだ店舗を展開するローソン

ローソンの経営戦略は、時代のニーズを反映した店舗の展開です。
例えば、ローソン店舗内に流すBGMをSNSから募り、リクエストの多かった音楽についてタイムスケジュールを組んで流すということをしています。
リクエストした曲がローソンの店舗内で流れるため、それを聴く目的でローソンを訪れる人も少なくありません。

さらに、エッグベネディクトのような首都圏で流行している食べ物をいち早く販売しているのもローソンです。積極的に流行を取り入れることで、珍しい商品を全国各地で楽しめるようになっています。
このようにローソンは、時代の流れにいち早く反応して行動し、今日まで成長を遂げたのです。

流行に敏感なローソンだからこそ、若者層からの人気も根強いと言われています。今後の動向にも注目です。

ローソンのフランチャイズについての詳細は説明会で
<全国の説明会情報はコチラ>


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月5日

SNSで共有する

TOP
×
menu