買取店を開業するための開業資金について


個人で買取店を開業する場合、自身で古物商の資格を取って開業する場合とフランチャイズを使って、開業するケースが考えられます。
ここでは、フランチャイズの仕組みを使って、買取店で独立開業する方法をご紹介します。

買取業は、数坪の小スペースから始められることが多く、店舗取得費用やランニングコストを安く済ませることが出来ます。

初期費用は、500万円ほどが相場のようです。
ランニングコストは、小スペースの店舗の場合約80万円程度で収まるようなパッケージとなっています。
内訳は人件費で25万円、家賃で15万円、広告宣伝費20万円、ロイヤリティ15万円、雑費5万円といったかたちです。
特長としては、スモールビジネスという点で、小スペースで人件費も抑えられるところにメリットがあります。

なぜ小スペースで開業できるのでしょうか。
それは、在庫を保管する必要がないためです。ほとんどの買取業では、買い取った商品は独自のルートで即日から数日のうちに現金化することができるシステムになっています。一部の買取業では、フランチャイズ本部が買い取りを行うところも存在します。

取り扱う商品は、貴金属や宝石、ブランド物から、切手、古銭、刀剣まで多岐に渡ります。
商品数が増えれば、客数や客単価も増加が見込め、収益を上げられる仕組みです。

そして、この買取業の肝は、商品の見極めにあります。
本物と偽物を見分けることはもちろん、研修制度で学んだことだけでなく、自身で経営しながら学んでいくことが必要となります。
始めはフランチャイズの仕組みを使って、直接本部へ相談することができますが、ゆくゆくは自身だけでお店を経営していく気持ちがなければ成功しないと言われています。

在庫を素早く現金化できるため、保管するスペースを必要としません。このような理由から、小スペースでの開業が可能となり、結果的に低資金での開業ができるのです。

また、買取業は1日数件の接客で利益ができるビジネス。一人でビジネスを行えるので、人件費もほとんどかかりません。実際、オーナー1人で経営している方か、ご夫婦で経営しているパターンがほとんどです。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu