リスクを減らす工夫と実行力がカギ!? 雑貨屋経営を成功に導こう!


どんなビジネスを始めるにしても、前もって経営計画を立てることは非常に重要です。
雑貨屋の経営にはどのようなことが必要なのでしょうか?

1.雑貨屋経営で重要なこと

近年、雑貨屋はネットショップが販売手段として主流になりつつあります。しかし、ネットショップの売り上げだけで経営を続けるのは決して簡単ではありません。安定した雑貨屋経営を目指すためには店舗での販売や、アパレルショップなどへの卸を行っていきましょう。

また、オリジナルの商品を持つことで仕入れ値を抑えることも効果的です。オリジナルの商品は開発に時間やお金がかかりますが、原価や販売価格を自身で調整できるため、利益を出しやすい商品です。時代の流れを先読みし、“今、雑貨屋に何が求められているのか”ということを見極める行動が重要になっていきます。

1-1.金券ショップ経営の仕組み

金券ショップは、金券を額面より低い金額で販売することによって顧客を獲得しています。その金券の調達方法ですが、金券を売りに来た人や業者などから仕入れています。もちろん仕入れ価格は販売価格より低いのですが、仕入れ価格が額面の94~96%程度、販売価格が額面の98~99%程度、利幅は1~3%程度となっており、決して多いとは言えません。たくさん売って利益を得ることが経営を続ける秘訣となるため、顧客数を左右する立地は非常に重要な鍵となるのです。

また、立地によって流通する金券の種類が変わってきます。例えば、駅が近いと乗車券、空港が近いと航空券が多く流通します。商品券を扱うのであれば、ショッピングセンターなどが利便性に優れます。独自の仕入れルートがあるのであれば、仕入れ商品に合わせた立地で開業を行いましょう。

1-2.雑貨屋を開業する前に

雑貨屋を始める際に前もって準備をしておくべきことがあります。
その一つが、ターゲットを絞った適切な仕入れをすることです。「男性も女性も、アウトドア派もインドア派も……」と、ターゲット層を広げれば広げるほど利益を出すのは難しくなり、お店のコンセプトが定まらないため顧客が定着しづらいと言えるでしょう。
開業する際は、ターゲット層やコンセプトを明確にしておくことが大切です。

そして、もう一つ重要なのが開店前の宣伝です。店舗経営において、宣伝や告知はとても重要です。最近はブログやSNSを使えば無料で、不特定多数の人に宣伝することが可能です。店舗のある地域にはフライヤーやクーポン券を配るというのも効果的な宣伝の一つになるでしょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年5月31日

SNSで共有する

TOP
×
menu