ミニストップのフランチャイズシステムや加盟条件について


ミニストップのフランチャイズは、どのような仕組みになっているのでしょうか?加盟条件や初期費用、ロイヤリティなどを紹介します。

1.ミニストップのフランチャイズ

ミニストップのフランチャイズについて、仕組みを紹介します。

1-1.ミニストップのフランチャイズの仕組み

ミニストップでは、フランチャイズの契約は、オーナーが土地、建物を用意、負担するS、SLタイプ、ミニストップが土地、建物を用意するCL、MLタイプの4タイプを用意しています。契約期間は7年となっています。

1-2.ミニストップの本部サポートとは

店舗運営サポート、スタッフ教育、開業サポートといったサポートを行っています。
開業後に複数店舗経営(多店舗経営奨励金)といったバックアップ体制もあります。

2.ミニストップのフランチャイズに加盟するには

ミニストップのフランチャイズに加盟する方法について、紹介します。

2-1.フランチャイズの加盟相談はどこにすればいい?

ミニストップのフランチャイズ加盟について相談したい場合は、各都道府県で実施している説明会への参加が第一歩です。

2-2.最初にかかる費用は

ミニストップを開業するためにかかる初期費用には、加盟金として250万円(税抜き)が必要です。

  • 保証金 150万円(税抜き)
  • 開店準備費 100万円(税抜き)

資金が不足している場合は、提携銀行の融資制度があります。
※加盟金の他、開店前の研修及び開店後含め2~3ヶ月程度の生活費・交通費が必要。

2-3.ロイヤリティとは?

ミニストップのロイヤリティは、下記のようになっています。

    • Sタイプ  売上総利益高に対する30%(24時間営業の場合
    • SLタイプ 売上総利益高に対する33%(24時間営業の場合)
    • CLタイプ 売上総利益高360万円まで36%。360万円を超える部分は58%
    • MLタイプ

売上総利益高 300万円以下の部分 38%
売上総利益高 300万円を超え450万円以下の部分 65%
売上総利益高 450万円を超える部分 75%

尚、FF部門は一律で売上総利益高の40%となっています。

2-4.ミニストップオーナーになるまでの流れ

ミニストップのオーナーになるまでの流れは下記の通りです。

  • お問い合わせ
  • 経営者説明会
  • 相談
  • 1次面談
  • (FC予約契約制度)
  • 物件紹介
  • 2次面談
  • 体験実習
  • 契約書説明
  • フランチャイズ契約の締結
  • オーナートレーニング
  • 開店準備
  • Z(ゼット)作戦
  • オープン

※実際の流れと異なる場合があります。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu