ローソンのフランチャイズで開業する際の資金


ローソンのフランチャイズに加盟する際、事前に準備しておくべき開業資金が必要です。

1.ローソンの開業資金

コンビニフランチャイズで開業する際の開業資金は、店舗を構える他のビジネスに比べて安く抑えられると言われています。ローソンも例外ではなく、比較的低資金で開業することができます。ローソンでは開業タイプが2種類あり、基本的には開業資金は共通しています。

1-1.開業にかかる資金

ローソンの開業資金は、経費などを除くと100万円(税抜)です。

  • 加盟金100万円(税抜) 内訳は、契約金が無く、オーナーがオープン前に受ける研修費が50万円、開店準備手数料に50万円
  • その他、50万円(釣り銭に使用する釣銭準備金や営業許可料)

上記から、実質150万円の開業資金が必要です。
※出資金には消費税が発生しません。

1-2.タイプによって異なる開業資金

ローソンの加盟プランは2種類用意されています。
1つはローソン本部が土地と建物を用意する場合、もう1つはオーナーが土地と建物を所有し、用意する場合です。
また、ローソンでは「FCオーナー・インターン制度」という制度があり、1ヵ月から3ヵ月にわたってじっくり契約社員として働き、研修を行った上で開業でき、かつ開業資金の一部が免除されるシステムがあります。

「FCオーナー・インターン制度」について
詳しくはコチラ⇒ローソン加盟店募集サイトへ】

2.加盟金(開業資金)の内訳

ローソンのフランチャイズ加盟に必要な加盟金の内訳としては、下記のようなものが挙げられます。ここでは、その内容についてそれぞれ説明していきます。

2-1.契約金

契約金は、ローソンとフランチャイズ契約を結ぶための費用です。加盟金は100万円(税抜)であり、契約期間が10年です。

2-2.研修費

ローソンの大きな特長として、開業前に行う研修が充実している点が挙げられます。金額は契約時必要資金100万円(税抜)のうち2名で50万円です。開業前の研修は、6日間のスクールトレーニングとトレーニング店舗でのストアトレーニング7日間、契約店舗でのストアトレーニング7日間、計20日となり、この期間にしっかりと店舗経営のノウハウを学びます。

2-3.開店準備手数料

店舗をオープンするに当たって、本部からアドバイスやバックアップがあります。開店準備手数料とは、スムーズに開店するための準備やサポート費用と考えてよいでしょう。こちらも金額は契約時必要資金100万円のうち50万円になります。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月21日

SNSで共有する

TOP
×
menu