コンビニのフランチャイジーとしての働き方や心構えについて


現在、コンビニのフランチャイジー(加盟者・加盟店)は店舗数の増加とともに増えています。フランチャイジーは社員では無く一経営者です。フランチャイザー(フランチャイズ本部)に頼る精神ではなく、自身の経営に店舗の存続がかかっているという自覚を持つことが大切です。

1.フランチャイジーとは

フランチャイズシステムを提供するフランチャイズ本部をフランチャイザーというのに対して、加盟者(加盟店)のことをフランチャイジーと呼びます。営業権を与えられた人、または会社のことを指すため、企業と社員のように雇用する側とされる側という関係ではなく、あくまで対等な関係にあります。フランチャイジーは経営者として独立精神を持つことが大切です。

1-1.コンビニのフランチャイジー

コンビニを日本全国に展開する大手コンビニチェーンは、フランチャイズ加盟店を出店し、店舗数を増やしています。その加盟者(加盟店)をフランチャイジーと呼びます。フランチャイジーはフランチャイズ本部にロイヤリティを支払うことで、販売のノウハウや商標・屋号を活用して経営を行います。フランチャイジーの立場や、メガフランチャイジーと呼ばれるものについて見ていきましょう。

1-2.メガフランチャイジーについて

メガフランチャイジーは、はっきりとした定義はありませんが、店舗数が2桁を超え、年商が億単位規模のフランチャイジーをそう呼ぶことが多いようです。
同じチェーン店を複数店舗経営する場合や、異業種のチェーン店に複数加盟している場合などそのケースは様々。本業を持つ傍ら、経営を多角化させるためにフランチャイズ運営に乗り出している企業もあります。
メガフランチャイジーは数百人の従業員を抱える企業になってきます。従業員が増えれば教育や研修が必要になりますが、フランチャイズ事業を展開することで、研修や教育ノウハウも本部から享受出来るため、効果的に人材を育てることができます。
メガフランチャイジーのメリットは、異なる業種、業態を持ち経営することで事業を続けていく上で、リスクを分散でき、組み合わせ次第では相乗効果も期待できます。

2.働き方について

コンビニのフランチャイジーになったら、その店舗を背負って利益を上げていくことを求められます。具体的な仕事内容や、経営者としての心得を見ていきましょう。

2-1.オーナーの仕事内容

まず、接客やレジ業務などお客さんと直接関わる仕事です。この場合、店舗の雰囲気を作るのはオーナー自身です。常に元気な挨拶をするよう心掛け、お客さんが気持ちよく買い物できるようにサポートしましょう。同じ仕事をする従業員にも、自身の経営理念を共有して適切な指導を行うのが大切です。
次に、商品の発注や売り場の管理です。日頃から各商品の売れ行きや、近隣のイベント情報に目を配り、過不足のない発注を行いましょう。加えて、販売データを把握し、経費の条件などを踏まえた売上計画や経営目標を立てて実行することが求められます。
最後に、店の従業員たちとのミーティングの機会を定期的に設けましょう。従業員同士で互いの意見や改善案を出すことで、よりよい店舗作りに繋がることが期待できます。

2-2.経営していくための心得

フランチャイジーは、フランチャイズ企業の従業員ではなく経営者です。その自覚を持つことが第一です。自分がこの店舗の利益を上げて、地域の活性化に貢献していこうと目標を掲げて邁進することが大事です。常に改善・改良を繰り返し、根気強く経営を続けていくことが必要になります。目先の利益に捉われず、中長期的な視野で物事を考えるようにしましょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu