コンビニで独立する前に知っておきたい!フランチャイザーとは?


フランチャイズによる独立を検討している方であれば、「フランチャイザー」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
フランチャイザーとはどういう意味なのか?コンビニで独立を検討している方へ、小売業とサービス業の違いなどと併せて解説していきます。

1.フランチャイザーの意味

独立開業を検討している方にとって、比較的容易に実現できる方法のひとつであるフランチャイズ。そのフランチャイズシステムを提供しているのが「フランチャイザー」(フランチャイズ本部)です。

1-1.フランチャイザーとは

例えば、コンビニのフランチャイザーといえば、ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマートといった企業が「フランチャイザー」になります。逆にフランチャイズ加盟した加盟者(加盟店)のことを「フランチャイジー」と言います。

1-2.フランチャイザーとフランチャイズについて

フランチャイザーをフランチャイズの仕組みで言うと、
フランチャイザーが持つブランド(看板)、商品(サービス)や仕入れ方法、管理方法といった経営ノウハウをフランチャイジー(加盟者・加盟店)へ提供し、フランチャイジーはロイヤリティ(加盟金や月々の売上の一部)と言われる対価をフランチャイザーへ支払う、となります。

2.小売業界のフランチャイザー

現在、様々な業種のフランチャイザーが発展し拡大を続けています。そのなかでも小売業について詳しく解説します。

2-1.小売業とサービス業の違い

小売業とサービス業の大きな違いは、有形のものを売るか、無形のものを売るかという点です。小売業は服や自転車、家電、食べ物など、目に見える有形のものを売るのに対して、サービス業は学習塾、修理や宅配、マッサージなど無形のサービスを提供します。

2-2.小売業の代表格はコンビニ、それ以外は?

小売業のフランチャイズで最も身近なものといえばコンビニが挙げられます。その他にも、宅配販売、ディスカウントストア、リサイクルショップなどがあります。またドラッグストアの大手企業であるマツモトキヨシも、フランチャイズ展開している代表的な小売業のなかのひとつです。

3.サポート体制のあれこれ

フランチャイズに加盟すると、フランチャイザーから様々なサポートが受けられるようになります。

3-1.どんなサポートがあるの?

フランチャイズビジネスの多くは未経験から始められる仕組みがあり、開業前・開業後にサポートが受けられます。
開業前のサポートの一つが研修サポート。フランチャイザーからその事業についての研修を受ける事ができます。フランチャイザーによって異なりますが、数日間にわたり、座学と実務研修を交えたプログラムを受けられます。0から経営できるよう、必要な知識や仕組みを学ぶことが出来ます。
アルバイトスタッフを雇う場合、フランチャイザーが募集から採用、研修まで行うといったサポートが受けられる場合もあります。

3-2.コンビニフランチャイズのサポートとは?

コンビニのフランチャイザーから受けられるサポートを一部ご紹介します。
フランチャイズ加盟後、座学で基本的な知識を学びます。その後、実際の店舗で実践業務を行います。各コンビニのフランチャイザーによって研修日数は異なりますが、ここで基本的な業務や店舗運営についてを習得していきます。そして、スタッフの募集や研修を行い、お店をオープンする流れとなります。
開業後もフランチャイザーのSVと呼ばれる担当者が定期的に訪問し、改善点を見つけたり経営のアドバイスをしてくれたりするサポートもあります。

そして、コンビニにおいてフランチャイザーから提供される最大のサポートは、未経験からでも効率的にコンビニ経営できる「POSシステム」の提供でしょう。
毎日の発注業務、売上計算、商品の流通システム。新規参入したコンビニが一朝一夕で作りあげられるものではありません。コンビニのフランチャイズシステムは40年以上の実績があり、未経験からでも円滑に店舗運営できる仕組みの提供が最大のサポートであると言えるでしょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu