酒屋での独立開業時に気をつけておきたいポイントとは


酒屋は、大きく稼ぐには難しくても、地道に利益を上げていけるといった利点があります。酒屋で独立開業する際には、気をつけなければいけないポイントがあります。まずはそのポイントを確認していきましょう。

1.酒屋の独立開業について

酒屋を経営する際に気をつけなければいけない点の一つが、未成年者へのお酒の販売です。もしも年齢確認をせず、未成年者にお酒を売ってしまうと罰金がかせられてしまいます。加えて、同店で同じような事例が相次いだ場合には、酒類販売業免許の取り消しも行われます。酒類販売業免許の取り消しは即倒産という事態にも繋がりかねませんから、スタッフの育成を通じて、十分に気をつけておきましょう。

1-1.酒屋の独立開業までの流れ

酒屋を始める際には、一般酒類小売業免許を取得しなければなりません。この一般酒類小売業免許があれば、全ての種類の酒類を販売できるようになります。取得するためには人的要件、場所的要件、経営的要件といった基準を満たす必要があります。
例えば人的要件では、税金を滞納しているといったようなことがないかを問われます。場所的要件では、酒類の販売所が酒類の製造所や酒場、旅館、料理店と同一でないことがあげられます。
経営的要件は、事業を経営するための十分な資金や販売設備、経営能力などがあるかどうかを満たす必要があり、過去の税務書類や酒屋を独立開業するために立てた事業計画書をしっかり準備しておかなければなりません。

また、一般酒類小売業免許は小売販売での営業だけが可能であり、インターネットでの通信販売は通信販売小売業免許を取得しておかないとできないということを押さえておきましょう。

1-2.酒屋を独立開業する際のポイント

酒屋の独立開業を成功させるポイントの一つとして、店舗での販売だけでなく、酒類の通信販売をすることが挙げられます。インターネットでの販売であれば、全国にマーケットを広げることも可能になります。通信販売小売業免許は本来、ご当地酒などを通信販売するために設定された免許のため、通常のビールなどを販売する際には色々と制限が多いことを踏まえておくといいでしょう。小売店舗を構え、地元近辺で小売販売をしながら、インターネット販売で扱える種類のお酒を通販で広くアピールしてみましょう。その際には店舗のある地域のお酒を、地域の特色を織り交ぜて販売するのも、ユーザーが目を引く要素となりやすいのでおすすめの方法と言えます。

大手フランチャイズチェーンの説明会に参加して「フランチャイズ」という手段を検討するもの良いでしょう。
<ローソンの全国の説明会情報はコチラ>


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月12日

SNSで共有する

TOP
×
menu