収益性が高く人気になっているネイルサロンのフランチャイズ


ネイルサロンのフランチャイズは非常に収益性が高いことがメリットです。スペースが狭くても営業ができるため坪効率も良い他、美容室のサービスとしてネイルケアを行う場合もあり、出店できる場が多いのも大きなメリットです。

1.ネイルサロンのフランチャイズについて

ネイルサロンのフランチャイズは他業種と比べてロイヤリティの支払いが少額で済むことが多く、負担が少ない傾向にあります。経営サポートも含めた研修が充実しているのも魅力です。

1-1.ネイルサロンのフランチャイズの加盟条件

ネイルサロンのフランチャイズに加盟するためには、加盟店として適切かどうかを、面接などで審査されます。さまざまな審査基準はありますが、まず、資金があることが審査の合否を大きくするでしょう。
審査合格後には加盟金を入金する必要があるので、資金の準備は早めにしておくとよいでしょう。

審査に合格したらフランチャイズ契約の締結に進みますが、本部との関わりや今後の経営にも関わってきますので、契約書の内容はしっかり確認しておきましょう。

フランチャイズ加盟の最大のメリットは、技術だけではなく経営に関するノウハウなどの研修を受けることができる点です。経験がなくても経営ができるように、教育やサポートの仕組みがあるので未経験の方には特にオススメです。
サポートの仕組みとして集客ノウハウやスタッフの教育、定期的なミーティングの開催などが一般的です。
また、ネイルサロンの開業準備段階においてもしっかりとしたサポートがあるため、スムーズに開業出来る点もフランチャイズ加盟の大きなポイントでしょう。

1-2.フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは、加盟金や一定のロイヤリティを納めることにより、フランチャイズ本部からビジネスのノウハウや技術を受けられるシステムです。加盟店のオーナーは独立した店舗の事業主でありつつ、既存のブランドグループの一つとして開業することができます。

ネームバリューがある分、お客さんをつかみやすいことや様々なサポートを受けられることがメリットになっています。業種によってロイヤリティなどの仕組みは変わってきますが、ネイルサロンのフランチャイズはロイヤリティがやや低めに設定されていることが多く、経済的な負担が少ないため、自由度が高い運営が出来ることが特長になっています。
加盟するグループによっても異なるため、事前に確認しておくことも重要です。ロイヤリティが高くてもサポートが充実しているグループは自身の状況によってはプラスになることもあるため、自分の経験やノウハウ、営業形態も含めて慎重に検討することが成功につながるのです。

既に多店舗展開を広げているネイルサロンのブランド力を開業当初から手に入れられるというメリットがあるので、既にエステサロンや美容室を開業している店舗内の一角でネイルサロンを併設することによって、本業の集客にもつながるといったメリットもあります。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu