八百屋で独立開業を成功させるためのポイント


これから独立開業しようと考えている人にとって、八百屋はおすすめしたい業種のひとつです。八百屋と聞くと少々昔ながらのイメージがあるかもしれませんが、食の安全への期待が高まっている昨今だからこそ、生産者や販売者の顔が見える八百屋は商機があると言えるでしょう。

1.八百屋の独立開業について

単に野菜を売る、ということだけではなく、「有機野菜にこだわった八百屋」、「一人暮らしや単身赴任中のサラリーマン向けに夜遅くまでやっている八百屋」、「高齢者向けに自宅への宅配を承る八百屋」といったように、他の八百屋やスーパーにはない魅力やサービスを展開していくことが、他店との差別化につながっていきます。

1-1.八百屋の独立開業までの流れ

八百屋を開業する際、店舗や内装にこだわらなければ実はそんなに資金は必要ありません。店舗も小規模でよいですし、豪華な内装にしたり、車が何十台も停められるような立派な駐車場を用意しなくても開業は可能です。八百屋ではなんといっても、取扱っている野菜の質が大事になってきます。そのため、独立開業する際にはしっかりと卸売業者と関係を深めておくと良いでしょう。
また、直接農家に買い付けに行くといったこともおすすめです。いずれにしても野菜の質で妥協してしまうと、豊富な種類、豊富な量の商品を扱っているスーパーにはかないません。これだけは譲れないという野菜の質へのこだわりを持つことが大切です。

1-2.八百屋を独立開業する際のポイント

八百屋を開業する場合は、競合店との関係性についても理解しておかなければいけません。まず、開業しようとしている地域に他の八百屋があるような場合には、別の地域で出店を考えた方が良いでしょう。スーパー相手ならば差別化も図りやすいのですが、その地域に根付いている八百屋には、古くからのお客さんがリピーターになっている場合が予想されるので、苦戦を強いられることもあります。
立地としては商店街や住宅地など人口が集中しているところがおすすめです。スーパーのように郊外へ出店しても、全く人が来ないということもありますから、出店する地域を事前にリサーチしておくことも大事なポイントと言えます。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu