雑貨店で独立開業する際に必要なものは?


雑貨店は、比較的独立開業しやすい業種と言われています。しかし、商品の仕入れが発生するビジネスモデルであり、しっかりとした計画を持って準備することがとても重要です。
雑貨店で独立開業する際に大切なポイントは何でしょうか。ここでは開業までの流れとともにご紹介します。

1.雑貨店の独立開業について

雑貨店を始めるためにどれだけやる気や思い入れがあっても、独立開業の仕方を知らなければ雑貨店を始めることはできません。まずは独立開業のポイントから押さえておきましょう。

1-1.雑貨店の独立開業までの流れ

雑貨店の独立開業時には店舗の外装工事費や仕入れ費用、宣伝費、物件購入費といった各種の資金が必要になってきます。
資金調達を行いつつ、同時に物件を探しましょう。店舗やコンセプトに適した物件は、資金が用意できたら早めに押さえておきましょう。その後、内装を整えたり、外装工事をする期間があるので商品の搬入を急ぐ必要はありません。しかし、商品の搬入前に考えておかなければならないことは、「どういった雑貨を取り扱うのか」を考えること、そして、「仕入先を探す」ことです。
仕入先はメーカーとの直接交渉やネットでの仕入れなど、いろいろとありますが、複数の仕入先を検討・用意しておくことが大切です。複数の仕入れ先を用意しておけば、一つの仕入れ先が万が一取引できない状態になったとしても、他のルートで何とか流通を続けることができます。

1-2.雑貨店を独立開業する際のポイント

雑貨店を独立開業する際にコンセプトを決めることは大事なことです。例えば、学生向けの店舗にするのか、それとも主婦向けの店舗にするのか。あるいは、アジアンだったりスタイリッシュだったり、など店舗の雰囲気作りが重要になります。もしハンドメイドが好きだったら、ハンドメイドのアクセサリーなどを販売するのも良いでしょう。
商品を搬入した後は、宣伝活動も行います。時間をかけるのと同時に工夫をすることも必要です。SNSを活用し写真を掲載する、お客さんとの交流をしっかり図り、口コミで広めるなど、工夫を凝らした宣伝を続けることによって、良いスタートを切れるでしょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu