セレクトショップの経営を成功させるためのポイント


セレクトショップの経営で重要になってくるのは、ターゲットに合わせた魅力的な品揃えと売場の演出、そして接客です。これらには、それぞれ重要なポイントがあります。ここではそのポイントを踏まえながら、セレクトショップの経営で成功するための方法を見ていきましょう。

1.セレクトショップの経営について

セレクトショップの独立開業を検討する際に必要なことは、役所へ届け出、資金の準備、そして対象となる客層を決め、それに合わせて立地や品揃えを考慮した経営戦略です。それでは、実際に店舗がオープンして経営を行っていく段階では、どのようなことが必要になってくるのでしょうか。

1-1.経営において大切なこと

まず、独立開業の準備で決めた客層とコンセプトを、しっかりと商品の品揃えで実践していくことが大切です。この仕入れが上手くいくかどうかで経営の成否は大きく分かれてきます。
国内での仕入れの場合、大きく分けて2つの方法があると言われています。

・ アパレルメーカーから仕入れる
・ 問屋から仕入れる

アパレルメーカーから直接仕入れる場合は、気に入ったブランド、メーカーへ直接連絡し、各社の審査基準を満たしていれば取引をスタートできる、という流れです。ただし、コンセプトや販売計画などが決まっていない状態で連絡しても商談はうまくいかないため、しっかりと検討したうえで取引の申し出を行いましょう。
問屋から仕入れる場合は、事前に入店許可証の交付申請を行い、審査に通ることで入店許可証がもらえます。審査基準はそれぞれの問屋によりますが、実店舗があることが前提となります。近年ではインターネット問屋もあるようです。

こうした手法をうまく活用しながら、定期的にユニークな商品や新しい商品を仕入れることで、お客さんにとって飽きの来ない売場を維持することができます。
仕入れた商品は売場に展開し、その後、お客さんに販売することに注力しましょう。

1-2.セレクトショップで売上・利益を出すには

売上や利益に繋げていくためには、売場の演出や接客対応を通じて、仕入れた商品をしっかり販売することが大切になってきます。

商品は売れなければ、在庫のままです。
そこで、お客さんが「見やすく、選びやすく、取りやすく」並べる意識が必要です。
また、極力店内を長く回ってもらいながら、多くの商品を購入してもらうことが売上、利益を出す基本的な考えとなります。
仕入れたものをタイムリーに販売していくためにも、まず、商品をアイテムやデザイン、テイストなどで区分し、いつから何をどのように置くのかの展開計画を立てます。その後、お客さんの導線を考えながら商品を配置していきます。ときには、商品をいくつか組み合わせて、お客さんに「店に入ってみよう」と思ってもらえるような工夫をすることが必要です。また、店内でその商品を身につけているイメージを持ってもらえるよう、コーディネートのディスプレイを作ることも有効な手段です。

また、商品の配置とあわせて、接客対応も重要です。
接客対応では、明るい挨拶や礼儀正しい姿勢でお客さんをお迎えしましょう。
ときには、お客さんのニーズを会話や身につけているものから掴み、そのニーズを満たせる商品をお勧めしていくことも大切です。中には一人でじっくり見たい、という人もいますが、必要な人には具体的に提案をしていくことが、お客さん一人一人の客単価を上げる行動に繋がっていくでしょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu