蕎麦屋の独立開業で成功するためのポイント


日本を代表するファストフードである蕎麦。街でよく見かける蕎麦屋は独立開業のハードルも低いと思われがちですが、気軽に食べられる蕎麦だからこそ競争も激しく、安定的に収益を上げるためには、戦略が必要となります。
今回は、蕎麦屋を独立開業する場合に知っておきたい独立開業のポイントについてご紹介します。

1.蕎麦屋の独立開業について

蕎麦屋で独立開業するには大きく分けて三つの方法があります。
一つ目は店で修業を重ねてのれん分けによる独立開業を目指す方法、二つ目は独学でそば打ちを習得して独立開業を目指す方法、三つ目はフランチャイズに加盟して開業する方法です。
どのような蕎麦屋を目指すのかによって選択すべきルートや経営方針も異なってきます。

1-1.蕎麦屋の独立開業までの流れ

店で修行を重ねた後にのれん分けによる独立開業を目指すなら、まずは蕎麦屋に弟子入りすることから始まります。
その他にも、学校に通い習得する方法や、蕎麦屋に就職し技術とノウハウを得る方法もあります。

独学で学んだそば打ちで独立開業を目指す場合、一般的な飲食店開業と同じ手法でオープンを目指すことになります。飲食店として営業可能な店舗を探して厨房機器や設備を手配し、内装も整えた後に人員を揃えれば独立開業をすることができます。

経営ノウハウがないことが不安であれば、アドバイザーやコンサルタントを雇うことで、経営の基本から食材の仕入れルートの紹介、マーケティングまで様々な面でのサポートが受けられます。

フランチャイズでの独立開業であれば、未経験からでも開業が可能です。加盟金や店舗の開業資金を用意することで、店舗の選定から内装工事、場合によってはスタッフの手配もフランチャイズ本部にサポートしてもらえます。

1-2.蕎麦屋を独立開業する際のポイント

味にこだわるのは悪いことではありませんが、こだわりが強すぎる蕎麦屋は利益率が頭打ちになってしまいます。蕎麦以外のサイドメニューの導入、シンプルなメニューで調理のローコスト化など、蕎麦の質を落とさずに導入できるアイデアを取り入れましょう。

業態に合わせて立地を選択するのも大きなポイントです。ビジネス街なら短時間で食事ができる立ち食いのような業態、観光客などゆっくりと食事をしたい客層中心のエリアなら蕎麦会席などの高級路線がニーズに合うでしょう。

同じ蕎麦屋でも時間帯によってお客さんが求めるものは異なります。
顧客のニーズを上手に汲み取ることができれば、お客さんで賑わう蕎麦屋になるでしょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu