整体院を独立開業するための流れと経営のポイントについて


整体師として独立開業するためにはどのようにしていけばよいのでしょうか。開業までの流れと、経営を長期間安定させるためのポイントについてご紹介します。

1.整体院の独立開業について

整体院を開くからには定期的に通ってくれるお客さんを獲得したいですよね。そのためにはしっかりとした準備が必要です。独立開業して整体院の経営を長く続けるコツを押さえておきましょう。

1-1.整体で独立開業までの流れ

1.資格や技術、知識を身に付ける
整体師になるために資格は特に必要ではありませんが、技術と知識がなければお客さんに満足してもらえません。そのため、基礎的な医学の知識、盤矯正などの専門知識や技術を取得しましょう。また、民間の資格を取得することもおすすめです。

2.お金について
独立開業には資金が必要です。物件にかかる資金に内装工事、ベッドや待合室の椅子、受付などの備品に水道光熱費や消耗品、通信費などの運転資金などを見積もっておきましょう。自己資金が足りない場合は資金調達をする必要があります。

3.物件について
整体院を開業する上で立地や物件の選び方も重要になります。駅から近い物件や駐車場のある物件など、好条件の立地や物件を探しましょう。通いやすい整体院、というのは長く経営するためにも大切なポイントになりますので、実際に地域を歩いてみたり、不動産会社などでしっかりと情報を集めたりすることが大切です。

4.広告について
独立開業をする上で最も大切なことが集客です。特に整体院は、飲食店と違って口コミが伝わるのに少々時間がかかります。少しでも多くのお客さんに来てもらうためには広告や宣伝を工夫しましょう。チラシを配ったりフリーペーパーに掲載したり、ホームページやSNSの活用も大事です。しかし、実際に施術を受けたお客さんの口コミが一番の広告になりますので、まずは一人ひとり広告を配って実際に施術を受けてくれる人の数を増やすことから始めてみましょう。

1-2.独立開業する際のポイント

整体院を独立開業して長期間経営を安定させるためのポイントとして、集客力が挙げられます。多くのお客さんが何度でも通いたくなる整体院とはどのような所かを把握するために他店舗の整体院を訪れて施術を受けてみるのも良いかもしれません。施術の満足度を上げることで集客力も高くなり、安定した経営をすることができます。

また、リピーターを増やすためには、スムーズに予約が取れるようにインターネットを活用したり、会計を現金だけでなくクレジットカードも使えるようにしたりすること、お客さんの意見をしっかりと聞いて改善する、カルテの管理を徹底して一人一人に合った対応をすることなどが大事なポイントとして挙げられます。基本的なことですが、笑顔で丁寧に接客することも大切です。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu