理想的なパン屋を経営していくために必要なポイントとは?


商店街や町の一角で、美味しそうなパンが並んだパン屋を見かけることがあるかと思います。例えばそうしたパン屋で独立開業するにあたり、「パンが好きだから」「自分もこんなパン屋を開業したい」という理由だけではうまくいきません。
長く営業するためには、事前に開業する地域のライバル店を調査し、自分の店舗ではどういった展開をするか、しっかりと検討することが大切です。
そこで、今回はパン屋を経営するための具体的なポイントについてご紹介します。

1.パン屋の経営について学ぼう

パン屋を継続的に経営していくには、さまざまな経営ノウハウや戦略など、他の店舗との差別化が必要になります。
自身の店舗はどのような戦略で他店と差をつけるのかを明確にし、お客さんに対して店舗をどうアピールするのかを事前に持っておくことが重要です。

1-1.パン屋の経営で大切なこと

パン屋で独立開業する場合、まず、継続していくために必要な売上の見通しを把握します。
また、運営にかかる家賃、人件費、材料費などの経費を考慮した上で、開業資金や運転資金が全部でいくら必要なのかを算出する必要があります。

また、商品をどのように陳列するか、値段設定はどうするか、他のパン屋との差別化をどう図るかなど、売上や利益を生み出すための具体的な工夫も必要となってきます。それと同時に、経営では、商品や一定のサービスの質を保ち続けながら経費をコントロールしていくことも重要です。

1-2. パン屋の経営で売上・利益を出すには

人気のあるパン屋になり、売上を出していくためには、明確な経営戦略が必要です。具体的には看板商品、限定商品の展開、陳列方法の工夫やパン以外のドリンクや粗利益の取れるサイドメニューを展開することなどがあげられます。

平凡なパン屋では競合店舗に負けてしまします。
その地域にないような看板商品や季節に合わせた限定商品を展開することで店舗への注目度が増し、来店率を高めるような取り組みを行いましょう。
また、最近ではSNSを使ったPR活動を行い、店舗のパンの美味しさを伝えることで来店に繋がるケースもあります。
インターネットは、活用次第では強力な集客ツールとなるでしょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu