美容室を開く場合の開業資金はいくら必要?


美容室で長年働いて腕に自信がついてくると、自分の店舗を経営したくなる方も多いのではないでしょうか。
今回は美容室を開業するために必要となる資金はどれくらいかかるかをご紹介します。

1.美容室の開業資金について

美容室を開業するために必要な開業資金の目安は、20坪程度の美容室で賃貸料、内装工事費、専用機材などで概ね600万円~700万円が必要です。
では、具体的にはどのようなところに資金が必要となるのでしょうか。

1-1.美容室の開業資金はどれくらい?

約600万円~700万円の詳しい内訳は、以下の通りです。
テナント賃貸料(賃貸料3ヶ月分・仲介手数料・敷金・礼金など)・・・約150万円
内装工事費(改装費用・電気水道工事費・空調費・デザイン費など)・・・約400万円
専用機材の費用(シャンプー台・セット椅子・ヘアスチーマーなど)・・・約100万円
その他雑費(備品代・名刺代など)・・・約10万円

計・・・約660万円
※一般例になります。

もし開業資金がそこまで用意出来ないという方の場合は、金融機関の融資を利用することができます。融資先としては、まずは「日本政策金融公庫」、「信用保証協会」、「創業促進補助金」といった公的な融資制度を利用することをおすすめします。
これらの公的な融資制度は、銀行など民間の融資制度より金利が低めのため、美容室開業時の強い味方となってくれるでしょう。
まずはこれらの公的融資制度に申し込み、万が一審査が通らなかった場合に銀行など民間の融資制度を使うといったイメージで進めるのが良いかもしれません。

1-2.美容室の運転資金はいくら必要?

美容室を開業した後は、以下のような費用も月々発生してきます。

・人件費(給与・厚生年金保険料・社会保険料など)・・・約50万円(従業員を2人雇った場合)
・水道光熱費(電気代・ガス代・水道代など)・・・約10万円
・その他雑費(消耗品代・雑誌代など)・・・約3万円

計・・・約63万円/月
※一般例になります。

開業当初は十分な収益が得られない場合もありますので、開業後に発生するこれらの費用も開業資金として考えておいた方が賢明です。
特に人件費は大きな負荷となってきます。経営が軌道に乗るまでの向こう半年分くらいの人件費は開業資金として用意しておいた方が良いかもしれません。

美容室は水回り工事も必要になりますし、専用の機材も必要になるため、開業時には多額の開業資金が必要です。
無理に高価なテナントを借りてしまったり、従業員を過剰に雇ってしまったりすると資金がパンクしてしまう事も考えられます。
そうならないためにも、開業時はお金の使い方をしっかりと意識、管理することが大切でしょう。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu